養育費

養育費

養育費の算定表や相場、いつまで払えばいいのか?払わない場合の対処法は?などなど、悩みや基本的な知識をまとめています。家庭裁判所に任せきりにしないことが大切ですよ。

激安通販市場 > 養育費

養育費算定表

スポンサード リンク

養育費の算定表って、自動計算できるものもあるのでしょうか?
再婚した場合や、子どもの人数(1人なのか?2人なのか?4人いるのか?)
など、状況によっても金額は当然変わってきますから、
しっかり、じっくり計算したいところです。

ちなみに家庭裁判所のホームページでは?
PDFで算定表を見ることができます。

義務者の年収、権利者の年収及び職業が給与所得者(サラリーマン)なのか自営業なのかによっても金額の算定基準は変わってきます。
ちなみに年収400万円ぐらいだと?4~6万円が相場になっていますよ。
これが高いのか安いのか。まあ、安くはないですがもらう側からすれば
物足りない金額ですね。

養育費 相場

養育費って、相場があります。でもその相場もとても細かいです。
まずは支払うことになった経緯です。離婚後に再婚した場合や、
離婚の慰謝料の支払い金額、及び支払いの有無によっても変わってきます。

さらに具体的に言うと?子供の人数ですね。1人なのか?2人なのか?では当然
金額は違います。3人という場合も事例としては減ってきますが、中にはいるでしょう。

あとは年収と職業ですね。300万、350万円から500万円あたりにかけてのゾーンは
事例としてとても多いんですが、給与所得者(サラリーマン)の場合と
自営業(会社経営など)の場合によっても変わってきます。

お金に関することなので話がとんどん拍子に進むとは限りませんから、
家庭裁判所だけでは埒が明かないと思ったら?弁護士など、法律の専門家の助けを借りて進めていくことも検討したほうがいいかもしれません。

養育費 トップへ戻る