肺気腫

肺気腫

肺気腫とはどんな病気で、どんな症状なのでしょう?寿命や原因、病態、看護(治療法)についてまとめています。若年性の場合もありますから、油断は大敵ですよ。肺炎を併発すると命に関わることだってありますからね。

激安通販市場 > 肺気腫

肺気腫とは

スポンサード リンク

肺気腫(はいきしゅ)とはどんな病気で、どんな症状があるのでしょう?
難しい説明をすると、呼吸細気管支と肺胞が拡張して破壊される病気のことです。
血液に空気中の酸素を 取り入れ、血液中の二酸化炭素を空気中に排出する
はたらきをしているのが肺胞(はいほう)ですが、この肺胞が
破壊されてしまう病気です。

完治はしないと言われていますが、最新の治療法であれば?
進行をとめたり、症状をやわらげることはできるかもしれません。
リハビリもしたほうがいいですが、原因はタバコである場合が多いため、
禁煙は必須です。

症状としては、正常な呼吸が困難になったりせき、たん、息切れなどが
挙げられます。が、自覚症状が出るようになった時点ではある程度進行していますから、早急に手をうたなければいけません。

最低でも進行は止めないといけませんから、無理に治そうとは思わずに
すぐに診察を受けましょう。

肺気腫 寿命

肺気腫にかかってしまうと完治はしないと言われますから、
多くの人が気にするのが余命(残りの寿命)です。

もちろん年代にもよりますが、5年生存率が40~60%とも言われる病気なんです。
もしタバコが原因なら?すぐに禁煙しましょう。
完治はしないと言っても、若年性の場合は?治療やその後の生活次第ですが、
15年は生きられたり、30年たってもぴんぴんしているというケースもあります。

ガンとは違いますから、リハビリや治療次第では問題なくとまではいかなくても、
ちゃんと生きていける病気と言うことができそうです。

寿命(余命)、気になるとは思いますが、あくまで目安でしかありませんから、
ガンとは違う、完治はしなくてもそれなりに生活はしていけるという気持ちで
過ごしたほうが体にもいいですよ。
ただ、タバコは吸わないでくださいね!吸う本人だけでなく、副流煙でその場にいる吸わない人にも迷惑をかけることになりますから。。


肺気腫 トップへ戻る